婚活と合コンならどっち?

これから婚活を始めようと思っている人は、合コンとお見合いパーティーのどちらに参加すればいいのでしょうか?これについては人による違いもありますので、どちらがいいとは言い切れないものの、自分の性格で選ぶといいかもしれません。

パーティー婚活を目的としているから合コンに参加してはいけないという決まりはありませんので、とりあえず結婚は置いておいて、気軽に出会いの場に参加する気持ちで合コンに行くというのもいいかもしれません。ただし最初から結婚を視野に入れた付き合いをしたいのであれば、お互いが結婚を視野に入れた上で参加するお見合いパーティーの方がいいでしょう。

合コンは多少引っ込み思案でも、少人数で気軽な雰囲気となるため慣れてくれば普通に話ができるようになります。お見合いパーティーの場合は、人数が多くなる分出会いのチャンスも増えますが、気になる人が見つかっても他に同じ気持ちの人がいると、なかなか1対1で話ができないことが多くなります。

相手が自分を気に入ってくれるかどうかにもかかっていますが、1回のお見合いパーティーで理想の相手に巡り合いカップルになれる確率はあまり高くありません。いずれにしろ何度か参加して見ることをおすすめします。

合コンとの違い

婚活の一環として合コンに参加する人もいます。合コンも出会いの場になるのは同じですが、結婚を視野に入れている場合、合コンに参加するのが必ずしもベストな選択肢であるとは限りません。そもそも合コンというのは、異性との出会いを求めている人が参加します。出会いの場には違いありませんが、この場合の目的は結婚ではなく気軽に付き合える異性を見つけることです。

合コン合コンがきっかけで恋人同士になる人もいれば、結婚する人もいます。しかし殆どの場合合コンの先に結婚を視野に入れている人はいないので、結婚相手を探す場所としては不向きとなってしまいます。仮に合コンがきっかけで付き合うようになり、そこから結婚に発展する可能性を考えて参加しても、相手が結婚まで考えていないと重いと思われる可能性もあります。

合コンは男女の人数を合わせて3人~5人くらいの少人数で行います。男女の数が合っていても、人数が少ない分自分のタイプの人に出会える可能性は少なくなります。婚活を目的としたお見合いパーティーは、少人数制もありますが大抵は数十人単位の大きなパーティーです。出会いのチャンスは多くなりますが、フリートークで話ができないとチャンスを掴めないのはデメリットになってしまいます。

婚活とは?

婚活というのは、結婚をするために行う様々な活動のことです。結婚は1人ではできませんので、相手を見つけなければいけません。いくら結婚するのが目的でも、会ったばかりのプロフィールを知らない人と結婚するのは難しいでしょう。それ以前に出会いが必要です。出会いを目的として婚活パーティーに参加したり、婚活サイトに登録して自分の希望する条件に当てはまる人とのマッチングを利用したりという出会いの場で相手を探します。

パーティーお見合いパーティーというと、以前のお見合いのように堅苦しいイメージを持たれがちですが、結婚を視野に入れた人が理想の結婚相手と出会うために参加するラフな雰囲気となっています。パーティーのスタイルもいくつか種類があって、パーティー会場を貸し切って行う一般的なお見合いパーティーの他には、キャンプ場でのバーベキューをしながらのアウトドアお見合いや、農場などで体験を兼ねたアウトドアスタイルのお見合いも人気があります。

参加する人が全員、結婚相手を探すためという目標を持っているので、もしお見合いパーティーで意気投合しカップルになると、結婚を前提とした交際をします。実際に交際してみないとわからないこともあるので、ある程度付き合いながら結婚相手にふさわしいかどうか見極めることになります。ただし、カップルになって交際しても必ず結婚できるとは限りません。片方は気に入っていてももう片方が同じ気持ちにならないと、結婚まではいかないこともあります。